支援プロジェクト » アニマルシェルターセミナー第3弾

アニマルシェルターセミナー第3弾
~地域の防災とボランティア教育のため~

東日本大震災以降、各地で防災計画の見直しが図られています。動物の同行避難等で様々な問題解決をしていかなければなりません。今回のセミナーは地域の防災を考える自治体職員、動物保護施設関係者、獣医師、動物看護士等のみなさまを対象に、開かれました。 講義内容は以下の通りです。

<カリフォルニア大学デイビス校 田中 亜紀氏>

シェルターメディスン~伴侶動物の群管理

【講義内容】シェルターでの感染症予防(衛生管理・ワクチン接種計画)

ボランティアプログラム~地域の動物を守るために

【講義内容】地域猫活動(野猫の問題、頭数管理、地域協力)

<日本獣医生命科学大学 水越 美奈氏>

シェルターにおける行動学入門

【講義内容】犬のストレスとボディランゲージ、社会化とシェルターでのトレーニング

同セミナーは第4弾「被災地に学ぶシェルターメディスン」というテーマのもと、7月14日(土)に福島で開講されました。
このセミナーでは「今後の災害時における動物救護」をテーマとしたワークショップが開かれました。実際に被災された方も多く、今後の課題について活発な意見が交わされました。被災地での生の声を踏まえ、8月中旬までに、田中氏、水越氏の対談インタビューを掲載予定です。セミナーの詳しい内容や被災・保護動物、ボランティアに関する興味深いお話をたくさん伺ってきましたので、ご期待ください。