支援プロジェクト » アニマルシェルターセミナー第6弾

アニマルシェルターセミナー第6弾
~災害時の動物救護・保護・譲渡を目指して 被災地に学ぶシェルターメディスン~

2011年、12年に続き、今年もアニマルシェルターセミナーに協賛しました。今回は、「被災地に学ぶシェルターメディスン」と題し、仙台市宮城野区の「仙台コミュニケーションアート専門学校第3校舎にてワークショップ形式で開催されました。

シェルターメディスンとは動物保護施設に特化した獣医療や伴侶動物の群管理を意味し、その群の健康を維持しながら、心身ともに健康な動物を一頭でも多く譲渡することを目指した活動を指します。このセミナーは、東日本大震災後、被災地のペットをめぐる問題・課題が明らかとなり、今後増大するシェルター運営のニーズに応えるために、災害時においても迅速な動物救護活動ができる優秀なボランティアを平時から養成することを目的に2011年10月からスタートし、今回で6回目となります(協賛:マースジャパン リミテッド、メリアル・ジャパン株式会社)。

今回は、開催地である仙台市や宮城県を中心に自治体の職員や動物病院の獣医師、動物看護師、民間のボランティアスタッフなど58人が2名の講師による講義と参加者によるディスカッションに参加しました。

ディスカッション時の様子。今までの経験談を含めてボランティアに何をしてもらいたいか、ボランティアには何ができるのかが熱く議論されました。

講師である田中亜紀氏(カリフォルニア大学デービス校)は、「譲渡を促進する科学」と題し、具体的な数字を用いてシェルター施設の収容能力の考え方と譲渡のための猫の評価基準を解説し、また、譲渡促進のための工夫などをアメリカでの事例を交えて紹介。水越美奈氏(日本獣医生命科学大学)は、譲渡前の動物の行動評価ならびに譲渡後のフォローアップ、シェルターでの動物が人と関わる時間と環境エンリッチメントが譲渡を促進するために重要であるとし、動物行動学の視点からシェルター内での飼育環境改善のポイントや、大学で実践している事例など紹介。

グループディスカッションでは、「ボランティアに何ができるか、ボランティアに何をしてもらうか」について討議。震災後にボランティアを行ってきたスタッフや、ボランティアを受け入れていた行政機関職員から経験談が各グループで共有されたとともに、お互いのニーズのマッチングやボランティアの業務および責任範囲の明確化が重要であること、行政機関に出来ないことをボランティアスタッフに担って欲しい等の意見が出されました。