支援プロジェクト » 対談 田中 亜紀 氏 × 水越 美奈 氏

対談 田中 亜紀 氏 × 水越 美奈 氏
~アニマルシェルターとボランティアの未来~

━━震災後1年たって、現在の被災地のペット状況ですが、いかがでしょうか?

田中
場所によって違うでしょうね。
水越
多分、今、仮設住宅で動物飼育可ということで一緒に住んでいる方たちが、仮設を出た時に一般アパートでは飼育不可で手放さなければいけないというケースが、今後、出てくると思われます。
新潟県中越地震の時に実際にあった問題で、今はそのころよりペットOKなところも増えていますが、福島や宮城はまだまだ仮設が多いですし。なので、今度はそういうところへの支援が必要なのかなとも思います。

━━震災を想定した時に、飼い主として気をつけておくべきことはありますか?

水越
不妊手術ですかね。
田中
不妊手術とマイクロチップは当然行って欲しいと思います。
ただ、震災での同行避難まで考えると、子連れの人はペットまで連れて動けないかもしれない。そうなるとペットを飼うのはいけないの?という発想になってしまわないかと。
それをサポートしなければいけないのは私たち獣医師や行政かもしれないし、あるいはボランティア団体なのかもしれないですが。
水越
飼い主さんに向けてのセミナーで言っているのは、飼い主さんの自助努力も大切で、初めから行政やシェルターを頼るのは止めようよということです。むしろいざとなった時に預けられるような犬友を作ろうよと言っています。犬と旅行する人が増えていますが私はいいことだと思います。それは、自宅とは違う場所で、どこでもぐっすり眠れる犬っていうのはいざというときに預けられた時にストレスが少ないと思うんですね。クレートトレーニングも当然必要ですが、一緒に旅をする楽しみの積み重ねも役に立つということもあると思います。犬友とのお泊まり会もありですね(笑)。複数の犬や人がいる中で、社会性を身につけるという意味でもいいですよ。
楽しいと認識すれば、飼い主にもペットにもストレスが少ない。それこそ、自助努力につながると思います。被災したらどうなるか分からないし、最後は協力し合いですよね。
災害で地域コミュニティーが見直されていて、ペットも同じですね。
田中
ペットには犬猫以外の動物もいますし、同行避難はとても難しい問題だと思います。
水越
被災地での救援物資を見ると犬猫のフードが主体だったから、物資という面でもね。ほかのペット動物まで広げて考えると難しい問題ですね。
田中
アメリカは災害事業がはっきりしていて、動物救護にはVeterinary Medical Assistance Teamなどそれ専門のチームがありますから、救護という意味で別物として考えられているんですね。
水越
そうですよね。震災時はそのチームが最初から動物救護のために現地に入りますからね。
田中
災害時に特化した獣医療チームですから、獣医だからと言って誰もがのこのこと参加できるわけではない。
その訓練を受けた人たちだけが登録していてチーム編成されています。それはボランティアも一緒ですね。
<< 1 2 3 4 5 >>